ピース又吉の小説『火花』で芥川賞候補に!

スクリーンショット 2015-08-04 23.38.18

さて、今回はあっと驚く話題をお届けさせていただきます。なんと芸人のピース又吉さんが、芥川賞候補に6月19日、ノミネートされました。すごいですね。素晴らしい快挙です。どの小説かって?もちろん、今本屋さんに行くと店頭に並んでいるあの作品ですよ。『火花』です。

さて、今回はピース又吉さんが、芥川賞候補に選ばれたことに関する話題をお届けしたいと思います。

ピース又吉さんは、書いてる最中は、こんなことになるなんて予想もしてなかった。

ピース又吉さん本人に言わせると、ご自分が描いた作品『火花』が、こんなに話題を呼び、しかも芥川賞候補に選ばれるなんて、想像していなかったそうです。

また、「小説として読んでくれるのは、嬉しい。」と控えめなコメントを発表されています。さらに、芥川賞のノミネートされた報告の電話を受け取った時には、「何かお叱りを受けるようなことをしたかな?」とご自身の行動をふりかえっておられたとか・・・かわいらしいですよね。

スポンサーリンク

これほど、『火花』が売れ行き好調でも、天狗になっていないピース又吉さん、そんなところが、好感を持てますよね。さらに、受賞にて関しては、「取れたら嬉しいでも、『取りたいです。』とは恥かしくて叫べない。」と極めて控えめな態度でした。こんな時って、もしかすると、もしかするかもしれませんね。無欲の勝利とでも言いましょうか・・・

芥川受賞よりも、不安の方が強い!

スクリーンショット 2015-08-04 23.38.35
ピース又吉さんは、芥川賞の候補者となって、『火花』の作品をどういう風に読まれるか、そちらの方が不安だと語っておられます。そうですね。審査を受けるという事は、文章を書く専門家たちに、あーでもない。こーでもないと、あれこれ評価されまくるわけですから、書いた作家の立場にしてみれば、“まな板の上の鯉”のような気持ちになるのも無理はないでしょうね。

ピース又吉さんの今後!

スクリーンショット 2015-08-04 23.38.53
もし、芥川賞を受賞したら、“芥川賞作家又吉直樹”とマスコミで呼ばれるようになるのでしょうか。そうなると、芸人としての活動はどうなるのでしょうか。結構気にはなりますね。今のところ、芥川賞の発表があるまでのあと1か月間は、次の作品を書けたらと言われていました。

スポンサーリンク

もう、『火花』の次の作品に対して、構想を練っておられているのでしょう。意欲満々で頼もしいものです。期待できそうですね。いつかはコメディを書いてみたいと夢を語っておられました。芸人さんだから、コメディを書かれたらきっと面白いのもができる事でしょう。

最後に…

この道一筋”なんて言うのは、今の時代、もう古いのかもしれませんね。いろんな職種にいる方が、本業と副業を使い分け、生活を営んでいる例は世の中たくさんあります。誰でも、いろんな可能性を持っており、自分の気が付かなかった一面に、大人になってから気が付くなんてこと、これからどんどん起こりうるかもしれませんね。皆さん、年を取ってからでも、何か自分にもいろんな可能性を秘めているのかもしれません。

そんな新しい可能性を、ピース又吉さんから学びました

スポンサリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

軟式globe(グローブ) 第11回【B-RAP】

井上公造 最新 芸能ニュース  02.19

このページの先頭へ