伊藤淳史の映画で坊さん役に挑戦!その裏側を公開!

 

スクリーンショット 2015-06-29 0.03.52

今回は映画の話題を届けさせていただきます。世の中いろんな職業がありますが、これぐらい人格を磨いて、人様の為に尽くすことを義務付けられている仕事も珍しいのではないでしょうか?いったいどんな仕事よ?とお尋ねが来そうです。そう今回の映画は、「ボクは坊さん」という映画に関する話題をお届けさせていただきます。

主人公は、伊藤淳史さんです。彼の演技、味があって脇役でもいつも存在感ありますよね。彼の代わりの役どころ、キャラってなかなかいないよね。と感じます。

ボクは坊さんの、坊さん役に伊藤淳史さんが挑戦

俳優伊藤淳史さんと言えば、「MOZU」や、「チームバチスタの栄光」など話題作に次々と出演され、存在感を示している俳優さんです。お若いのに味のある演技をされて、ドラマにせよ、映画にせよ、伊藤淳史さんのように目立たないけど存在感のある演技ができる俳優さんってなかなかお目にかかれません。

スポンサーリンク

今度はお坊さん役と聞いて、かなり伊藤淳史さんにはぴったりの役どころではと思いました。恐らくいろんな方が、同じような感想をお持ちなのではと予想しております。伊藤淳史さんならば、地味で目立たないけど、ほっとできる人柄を演技してくれるだろうと期待しています。この映画を観てみたいな気持ちが高まってきます。

「ボクは坊さん」の原作者は、やっぱり坊さん

スクリーンショット 2015-06-29 0.04.34
この映画「ボクは坊さん」の原作者は、愛媛県今治市の栄福寺の住職で白川密成さんです。白川さんを取り巻くお坊さんの日常生活について、綴られています。原作者曰く、「コメディドラマを観るような気持ちで読んでほしい。」と語っておられます。修業を積み重ねるお坊さんの日常生活がコメディドラマだなんて、ちょっと意外な感じがします。でも、お坊さんだって一人の人間なのだから、そんなおもしろいことがあるとしたら、親しみが湧きますね。

スポンサーリンク

予告編を観てみると、お坊さん専用のバリカンがあったり、お坊さんばかりの野球チームがあったりと、普通のおじさんみたいな面と、こんな面もあるんだと思えるシーンが綴られています。そもそも、お坊さんが執筆活動をするんだ!と思ってしまいました。

伊藤淳史さんの映画を演じてのコメント!

スクリーンショット 2015-06-29 0.05.05
伊藤淳史さんは、「お坊さん役を演じることにより、お寺の世界の厳しさや美しさを、身を持って感じることができました。…ロケーションも美しいので、ぜひ劇場でご覧ください。」と謙虚なアピールをされています。いかにも伊藤淳史さんらしいですね。この映画は「ALWAYS」シリーズのスタッフが製作を担当されています。

それだけでも、なんだか期待が大きくなりますね。きっと心の深いところに響く映画なんでしょう。

最後に…

映画「ボクは坊さん」は、今年の10月に全国で公開されます。もう少し、期間があります。早く観たいと待ち遠しくなってきた人も多いのではないでしょうか。伊藤淳史さんの坊さんぶりに、この秋に注目が集まることでしょう。

スポンサリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

軟式globe(グローブ) 第11回【B-RAP】

井上公造 最新 芸能ニュース  02.19

このページの先頭へ