遊助・新曲「サヨナラマタナ」のMVがイケメン!?

スクリーンショット 2015-08-04 21.56.39

歌手でタレントの遊助さんが、新曲「サヨナラマタナ」を7月1日にリリースされます。タイトルからして、少年の雰囲気を残した気負わない遊助さんの雰囲気がにおってくるような新曲、興味が湧いてきますね。早く聴いてみたいなと思われる方、GYAOで期間限定でMVが公開されています。ぜひ一度覗いてみてください。とっても素敵です。

MVの舞台は静岡県のふもとっぱら

静岡県の“ふもとっぱら”ってどんなところなんだろうと、思ってMVを見ていたら、鮮やかな緑の野原が拡がり、遠くには富士山を眺めることができる雄大な原っぱでした。まるで、絵本や童話の世界で子供たちが無邪気に遊ぶにはぴったりの場所でした。

こんな場所でMVの撮影をするなんて、そのアイデアだけでもとっても素敵だと思います。この景色を見たら、雄大な自然の元、すっかり心まで裸足になって解放されたという気分に誰でもなれるのではないでしょうか。それぐらい見事な景色だと感じました。一度、尋ねてみたいなと思います。

スポンサーリンク

子供の頃から腕白だった遊助さんには、こんな風景のMVの演出は、ぴったり合っていますよね。「目ざましテレビ」に「サヨナラマタナ」のPRで出演された時には、「ここでキャッチボールがしたい」とつぶやいておられました。野球少年の遊助さんらしい発言ですね。
(笑)

「サヨナラマタナ」のMVには影絵も登場します!

スクリーンショット 2015-08-04 21.57.09
「サヨナラマタナ」のMVには、影絵が出ています。作者は、影絵作家の浜崎ゆう子さんです。男の子と女の子が影絵のストーリーの中に登場して二人で、仲よく学校へ通ったり、一緒に遊んだりする場面が登場します。とってもほほえましいのですが、途中で彼女の方が引っ越していく場面があり、ちょっと切なくなりました。

スポンサーリンク

影絵だからこそ、人々の心の琴線に深く深く触れることができるのだと思います。毎日せわしない日常を過ごしている人こそ、こんな絵を見て自分の心の声を聞いてほしいなと思いました。

「サヨナラマタナ」のクライマックス=遊助さんのメッセージ

スクリーンショット 2015-08-04 21.57.41
「サヨナラマタナ」のクライマックスのシーンでは、「伝えられるんなら、伝えとけばよかった」と心を込めて、遊助さんが歌っています。“好きなら好き”と、“ごめんならごめん”と後悔しないうちに皆さんも伝えておくといいと思いますよ。大事な事なのに、実は後回しにしていませんか?それって、人生において、とっても損をしているのかもしれませんよ。
「サヨナラマタナ」のMVを見て、やっぱり伝えようと思われた方、即行動に移しましょう。それだけで、あなたの心はふもとっぱら以上に開けていく事でしょう。

それにしても、こんなメッセージの似合う遊助さんも、もう36歳です。いつまでも少年のような純粋さを失わない彼はとっても魅力的ですね。

最後に…

遊助さんの「サヨナラマタナ」を聴いて、行動を起こす方がいたら、またそれも“一つの幸せ“だと言えるでしょう。遊助さん、これからも素敵な歌を歌い続けてくださいね。

スポンサリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

軟式globe(グローブ) 第11回【B-RAP】

井上公造 最新 芸能ニュース  02.19

このページの先頭へ